読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Corona Times

素晴らしき哉、人生!-It's a Wonderful Life-

スケートマイシューズを手に入れる

フィギュアスケート 習い事

スケートで唯一必要な道具、それはなんといってもスケート靴!です。

 

どのリンクのスケート教室も、貸靴で参加オッケーです。

が、教室にも通い続けられそう、いずれはスピン、簡単なジャンプには挑戦してみたいな〜と思い始めたら即自分の靴を購入することを勧めます。

なぜなら、貸靴はフィギュアの技をする為には作られておらず、いくら熱心に教室に通ったところで貸靴のままでは決して上達しないからです。

簡単なストローク(片足滑り)でも、貸靴では正しく行うのは難しいですし、貸靴で長く練習してしまうと、変な癖がついてしまう危険性もあります。

 

さて、ここでスケート靴の仕組みを説明します。

スケート靴は、ブーツ部分と、刃(ブレード)部分に分かれており、購入も別々です。

お店でブーツとブレードを決めると、自分の足に合わせた位置でブレードをブーツにビス止めしてくれます。

ブーツもブレードもグレードがあり、トップ選手が使用しているものはそれぞれ10万以上のものもザラにあります。

 

では、大人スケーター的にはどのブーツとブレードを選ぶべきか。

色々と調べた結果、

 

ブレードは断然「コロネーションエース」の評価が高いです。

 

ブーツは、ブレードよりオススメの幅が広いものの、「ジャクソン」、「エデア」、「リスポート」の入門モデルあたりが定番のようです。

メーカーによってブーツの形や硬さが違うので、何種類か履き比べてみてしっくりくるものを選ぶのがよいと思います。

関東圏のショップだと、横浜銀行スケートリンク近くのアイススペース、明治神宮スケートリンク内の小杉スケートがあります。

 

 ちなみに、私は ブレード→コロネーションエース、ブーツ→エデアの入門クラス オーバーチュア を購入しました。

値段はトータルで約6万•••。

かなり高くつきますが、大人スケーターレベルの練習量では買い変えるケースは少ないと思うので、ぜひ決心していただきたいです。

私は2年半ほど履いてますが、まだまだキレイです。